ステージプログラム

メインステージ

リアル展示会で参加希望の方は予約が必要です。イベントサイトより参加チケットをお申込ください。
セミナーの内容はオンライン展示会でも配信します。イベントサイトに参加登録頂くと視聴が可能になります。

※ 12月上旬から登録受付予定
  • 10:00 ~ 10:30

    オープニングセレモニー

  • 11:00 ~ 12:00

    Sustainableな建築と木材利用を目指して-工学院大学の取り組み

    後藤 治 氏

    東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程中退。

    文化庁文化財保護部建造物課文部技官・文化財調査官を経て工学院大学にて勤務。2017年より現職。博士(工学)。一級建築士。

    専門は歴史的建造物の保存修復、日本建築史。

    主な著書に、『建築学の基礎⑥日本建築史』『論より実践 建築修復学』等。

  • 13:00 ~ 14:00

    東急電鉄における木材活用

    横山 太郎 氏

    1988年生まれ。2012年名古屋工業大学大学院修士課程修了。

    同年、東京急行電鉄株式会社(現在の東急株式会社、東急電鉄株式会社)に入社。

    東急グループ関連施設のコンストラクションマネジメント業務を経て、2015年より現所属。

    戸越銀座駅「木になるリニューアル」をはじめ東急線の駅舎改良など、鉄道関連施設の改良工事を担当。

    同時登壇者
    鈴木 稔 氏  【東急電鉄株式会社 鉄道事業本部工務部施設課 主事】
    長沼 俊介 氏 【東急電鉄株式会社 鉄道事業本部工務部施設課 技術員】
  • 14:30 ~ 15:30

    森林大国に相応しい子どもの遊び環境 ~木育推進を目指す公民連携の全国おもちゃ美術館の挑戦~

    多⽥ 千尋 氏

    滋賀県、徳島県、群馬県をはじめ、全国の50を超える市町村と「ウッドスタート宣言」を結び、活樹運動を全国展開。

    沖縄県、福岡県、山口県など全国12か所に木育推進ミュージアム「おもちゃ美術館」を創設。

    経済専門誌『週刊ダイヤモンド』の日本の社会起業家30人の一人に選ばれ、クラウドファンディング大賞にも輝く。

    著書に『赤ちゃんからはじめる木のある暮らし』(幻冬舎)

  • 16:00 ~ 17:00

    “製材”でも建てられる中高層ビル ~カーボンニュートラルな木造都市を目指す~

    安達 広幸 氏

    大規模、中高層木造建築に対応する木構造技術や耐火構造等の開発の他、新たな技術として、曲線・曲面の3次元加工技術を開発し、意匠から構造・加工までデジタル化することで、今後の木造化・木質化の新たな領域となる木造建築を提案しています。

    大規模・中高層建築物の木造化・木質化において重要となる「木材流通・生産インフラの整備など」にも従事し、建設地に則した木素材のコーディネートを行っています。

    【受賞歴】
    2015年「第6回 ものづくり日本大賞 製品・技術開発部門 経済産業大臣特別賞」を受賞
    2020年「文部科学大臣表彰 科学技術賞 技術部門 文部科学大臣賞」を受賞


※ 12月上旬から登録受付予定

サブステージ

サブステージはオンライン展示会での配信はございません。リアル展示会でのご参加は予約不要です。
  • 10:50 ~ 11:10

    ⾼層純⽊造耐火建築の実現

    株式会社大林組 【東京都】

  • 11:30 ~ 11:50

    低層建築物における効率的なサプライチェーンの構築への取り組みについて

    茨城県SCM推進フォーラム 【茨城県】

  • 13:00 ~ 13:20

    とちぎのいい木PR

    栃木県・とちぎ材新市場需要開発協同組合 【栃木県】

  • 14:00 ~ 14:20

    信州カラマツ2×10材の利用技術について

    信州木材認証製品センター 【長野県】

  • 15:00 ~ 15:20

    世界の窓から日本の窓へ

    株式会社日本の窓 【青森県】

  • 16:00 ~ 16:20

    「広葉樹材利用を地域再生につなげるために」~山形での取組み~

    広葉樹を暮らしに活かす山形の会 【山形県】

メインステージ

リアル展示会で参加希望の方は予約が必要です。イベントサイトより参加チケットをお申込ください。
セミナーの内容はオンライン展示会でも配信します。イベントサイトに参加登録頂くと視聴が可能になります。

※ 12月上旬から登録受付予定
  • 11:00 ~ 12:00

    デジタルヴァナキュラー デジタル技術と地域材でつくる次世代の環境建築

    秋吉 浩気 氏

    1988年生まれ。芝浦工業大学工学部建築学科を卒業後、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 X-DESIGN 領域にてデジタルファブリケーションを専攻。

    2017 年にデジタルテクノロジーによって「建築の民主化」を目指す建築テック系スタートアップ VUILD 株式会社を創業。

    主な受賞歴:
    SD レビュー入選(2018)、SD レビュー入選(2019)、Under 35 Architects exhibition Gold Medal 賞(2019)、2020 年〈まれびとの家〉でグッドデザイン金賞。

  • 13:00 ~ 14:00

    絶望の林業から希望の林業へ

    ⽥中 淳夫 氏

    静岡大学農学部林学科卒後、フリーの森林ジャーナリストとして活動中。

    森林と人間の関わりを主なテーマとして掲げており、森林を巡る科学や文化、生活、あるいは産業としての林業、建築や木工、そして山村社会を中心に執筆活動を行っている。

    主な著作に『森と日本人の1500年』(平凡社新書)、『絶望の林業』(新泉社)、『獣害列島』(イースト新書)などがある。

    現在、奈良県在住。

  • 15:00 ~ 16:00

    インテリア・建築での国産材活用事例/木材活用コンクールから

    深尾 精⼀ 氏

    1949年生まれ。第14回から現在(第25回):「木材活用コンクール」の審査委員長。

    2001年度日本建築学会賞論文賞「寸法調整におけるグリッドの機能に関する研究」他。

    著書:建築構法・建築ヴィジュアル辞典・図解建築工事の進め方 木造住宅他。

    作品:繁柱の家・実験集合住宅NEXT21・武蔵学科学情報センター他。

    霜野 隆 氏

    1950年生まれ。一級建築士・インテリアプランナー。

    第21回から「木材活用コンクール」の審査委員。

    賞:北海道建築士会賞・日新工業「屋根コンペ》佳作入選 ・日本建築士会連合会賞他

    作品:川越整形外科・セキスイオアシスセンター・レスト本社工場・湘南歯科診療所・大杉邸・澤井邸・芦沢邸・五本木(3世帯住宅)他


※ 12月上旬から登録受付予定

サブステージ

サブステージはオンライン展示会での配信はございません。リアル展示会でのご参加は予約不要です。
  • 10:30 ~ 10:50

    秩父産木工製品のご紹介~ちちぶの森のおくりもの~

    秩父地域森林林業活性化協議会 【埼玉県】

  • 11:30 ~ 11:50

    「ウッドデザイン」で拓く、新たな木材利用~ウッドデザイン賞2021 及び 日本ウッドデザイン協会のご紹介~

    「ウッドデザイン賞」運営事務局・日本ウッドデザイン協会 【全国団体】

  • 12:30 ~ 12:50

    インテリアコーディネーターが提案する国産材活用アイデア

     一般社団法人 日本インテリアコーディネーター協会 【全国団体】

  • 13:00 ~ 13:20

    かながわの木を使ってみませんか?

    神奈川県 森林再生課 【神奈川県】

  • 14:00 ~ 14:20

    国産古材の再利用促進で環境問題とSDGsへ挑む!

    塚田木材株式会社(古材日和グループ本部) 【香川県】

  • 15:00 ~ 15:20

    愛媛の木材を全国へ ~まじめでまっすぐ愛媛の木~

    愛媛県 農林水産部 森林局 林業政策課 【愛媛県】

●お問い合わせ●
WOODコレクション(モクコレ)運営事務局
mokucolle2022@tohgashi.co.jp
●主催●
東京都
●後援●
林野庁、(一社)全国木材組合連合会、全国森林組合連合会、(公社)国土緑化推進機構、(公社)経済同友会、木材利用推進全国会議
●出展都府県●
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県(予定)